葉酸 不足 欠乏

葉酸の欠乏(不足)と過剰(取りすぎ)|妊活・妊娠中に必要な栄養素

オーガニックレーベルの葉酸サプリ(30日分)が、今だけ 【 無料 】 です♪♪


葉酸400μgはもちろん、自然派ビタミン・ミネラルが入った、赤ちゃんに優しい『オーガニック葉酸サプリメント』です
無料なので、妊活中の人にこそ、手にしてもらいたいです。 (妊娠の1か月以上から妊娠3か月までは、相当量の葉酸が必要です → 母子健康手帳にも書いてありますね♪)
※30日分が無料ですが、送料の500円のみかかります

<<オーガニックレーベルの葉酸サプリはこちら>>

欠乏症

葉酸の欠乏症は、妊娠や授乳による要求量の増加、小腸の病理的変化、アルコール中毒、メトトレキサートなどの薬剤投与によって引き起こされます。

 

葉酸はアミノ酸や核酸の合成に必要となる補酵素であるので、細胞分裂の盛んな箇所において欠乏症が現れやすいのです。
症状としては、貧血・免疫機能減衰・消化管機能異常などが見られます。

 

妊娠期に葉酸が欠乏すると、神経管閉鎖障害が起こり、重度の場合は死に至ることがあります。
無脳児の発生のリスクが高まります。

 

貧血に関しては、葉酸は造血作用に対しビタミンB12と協調してはたらき、どちらのビタミンの欠乏も巨赤芽球性貧血を引き起こします。

 

神経管閉鎖障害に対しては、妊娠初期が重要で、特に通常まだ妊娠に気付かない第一週が最も葉酸を必要とする期間です。

葉酸不足の問題

葉酸不足はどのようにして起こるの?

食事からの摂取が不足した時や、腸からの吸収不良時に欠乏症が起こることがあります。
また、妊娠時、抗がん剤・免疫抑制剤・抗けいれん剤・非経口栄養剤投与時、血液透析、アルコール中毒などの際にも、欠乏症が起こることがあります。

 

葉酸が不足すると、どのような症状が起こるの?

葉酸は、ホモシステインからメチオニンを生成するのに必要とされるため、不足するとホモシステインが血中に蓄積し、動脈硬化の危険因子となります。

 

その他、葉酸が不足すると造血機能が異常を来たし、巨赤芽球性貧血、神経障害や腸機能障害などが起こります。
また、胎児の神経管形成期である受胎前後〜妊娠初期までの間に、母体がプテロイルモノグルタミン酸を摂取すると、胎児の神経管閉鎖障害のリスクが低減されると報告されています。

過剰症(取りすぎ)

葉酸を大量 (1〜10 mg) 摂取すると、発熱・蕁麻疹・紅斑・かゆみ・呼吸障害などの葉酸過敏症を起こすことがあります。

 

過剰症はビタミンB12の欠乏を隠すため、悪性貧血が潜在化する危険性が指摘されています。

 

亜鉛と複合体を形成して小腸からの亜鉛の吸収を抑制する可能性があるため、食事摂取基準でも上限量が設けられています。
ただし、亜鉛吸収の阻害作用に限っては、5〜15 mg/日程度の葉酸摂取であれば影響はないという報告もあります。

 

また、ガン治療に用いられる抗葉酸剤に対して、過剰な葉酸は薬効を低減させる恐れがあります。

 

 

葉酸欠乏にならないために、どんな食品を摂ればいいの? >>