葉酸 効果

葉酸の効果(効能・働き)|妊活・妊娠中に必要な栄養素

オーガニックレーベルの葉酸サプリ(30日分)が、今だけ 【 無料 】 です♪♪


葉酸400μgはもちろん、自然派ビタミン・ミネラルが入った、赤ちゃんに優しい『オーガニック葉酸サプリメント』です
無料なので、妊活中の人にこそ、手にしてもらいたいです。 (妊娠の1か月以上から妊娠3か月までは、相当量の葉酸が必要です → 母子健康手帳にも書いてありますね♪)
※30日分が無料ですが、送料の500円のみかかります

<<オーガニックレーベルの葉酸サプリはこちら>>

葉酸 7つのはたらき

遺伝物質であるDNAやRNAを構成している核酸の合成に不可欠
赤血球の合成
DNA・アミノ酸(グリシン、セリン、メチオニン)の合成
たんぱく質の生成・促進作用
皮膚の粘膜の強化
口内粘膜の強化
動脈硬化の危険因子(血清ホモシステイン)の増加を抑制

 

葉酸とその効果は?

葉酸はビタミンの一種、ビタミンB類の一つ。水溶性ビタミンに分類される生理活性物質です。
葉酸は体内で還元されて、ジヒドロ葉酸を経て、テトラヒドロ葉酸に変換された後に、補酵素として働きます。

 

テトラヒドロ葉酸は、アミノ酸・核酸の代謝に用いられています。
これが不足すると、赤血球障害や悪性貧血などの症状を生じる恐れがあります。

 

また、二分脊椎の発症リスクを低下させる効果があるとされています。
厚生労働省は2000年、妊娠を計画している女性に対し、1日当たり0.4mg(400μg)以上の摂取を推奨しています。

 

生体内ではDNAやアミノ酸の合成にも関与して、動脈硬化の危険因子とされている血清ホモシステインの増加を抑えることでも、最近注目されているようです。

 

葉酸は、食品添加物(強化剤)としての使用がきちんと認められています。

 

 

元気な赤ちゃんを産むために大切な葉酸、不足したり取りすぎたりしたらどうなるの? >>